スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告
沖縄に行ってきました!
20070310105703

3泊4日だけど、ひとりフラ~っと沖縄に行ってきました。
10月に、9日間かけてBさんの青春時代を追い掛けるように沖縄へ行ったのが最後。
懐かしいな。あれからもう5ヶ月。

今回はそんな色気のある話じゃなくて、
10月に沖縄で出会ったオネーサンとの再会のために行ってきました。
31歳のオネーサンも沖縄に1人旅に来ていて、
同じ1人旅同士で意気投合しちゃいました。
このオネーサンは主婦なんだけど、とんでもない不良主婦で。(笑)
なかなか二人の波長の合う事に気付き、再会したいね!と相成りました。

3泊のうち1泊をオネーサンと一緒に過ごして、
残りの日数は離島へ行ってまぁ~ったりしていました。

思い出すのはBさんの事。
本当に申し訳ない事をしたと今でも思ってる。
言葉で責めない代わりに態度で責めてた。
言いたい事があるなら言えばいいのに、自分のプライドが邪魔して言えなかった。
だから充てつけのようにたくさんの男と寝て、それがわざと分かるように仕向けて・・・。
お互いに傷付く事しかできなかった。

今思えば、なんて幼稚だったんだろうと思うけど、
あれはあれで、あの時は一生懸命だったんだなぁ・・・と、微笑ましく振り返れます。

沖縄滞在中、じゅんちゃんとずっとずっとメール。
広島にいる時も1日に何十通っていうメールをしている暇な二人だけど、
それは沖縄に来てからも変わることなく・・・。

変わったといえば、メールの内容に愛が篭るようになった事?
旅先での雰囲気がそうさせるのか?やけに素直でカワイイあたしがいました。
いつも軽口を叩いている二人だけど、素直な内容のメールが多かったな。

『逢いたくて堪らない』

痺れを切らして最初に電話をかけてきたのは、じゅんちゃんの方から。
沖縄に到着したその日だよ。(笑)
3日前にはお泊まりしていたのに。なんて早いんだ。

あたしがクラブに行こうとしていて、意気揚揚としていたの。
せっかくの沖縄なんだもの!やっぱりクラブよね!みたいな感じで。
でもじゅんちゃんは、沖縄滞在中はずーっとオネーサンと一緒だと思い込んでいたみたいで、
まさかあたしが1人で旅先でクラブに行くなんて想像もしていなくて。

沖縄でクラブに行くという事は、
イコールそれは「一夜限りのアバンチュール」を心配するわけで・・・。
うん。気持ちはよく分かる。
半分、あたしもそんなノリがあったのは事実だし。

『こんなこと言うの間違ってるかもしれないけど、行って欲しくない・・・』
みたいな泣きのメールが来て、それから何度かやり取り。
『彼氏ヅラするなよ~』なんてフザケていたんだけど、
じゅんちゃんの気持ちがね・・・痛いほどよく沁みてきて・・・。

あたしたちは恋人同士じゃない。
付き合っているわけでもない。

そんな定義はいらないと、あたしから跳ね除けたから。
周りから見れば、立派な恋人同士なんだと思う。
どこに行っても「仲いいですよね」「二人とも笑顔が素敵ですよね」なんて言われる。
でもあたしたちは「最愛なる異性の友達」同士であって、
「不特定多数の中の1人」同士である。

・・・ホントはお互いがお互いに一番である事、
それ分かってるんだけどね。(思い上がりかもしれないけど)
微妙に素直になれない、あたし。なんだか怖くて。

あたしへの想い、何も言えない自分の立場、
その中で葛藤しながらも、精一杯あたしを愛してくれている気持ちが嬉しくて。

そんなメールのやり取りをしていたら急に電話がかかってきた。

『もー!逢いたい!今すぐ"ぎゅうぅうぅぅぅうう"したい!!』・・・って。(笑)

カワイイね。
カワイイよ、じゅんちゃん。

その日あたしはクラブには行かず、宿で22時には寝ていました。
行きたかったクラブがその日が定休日だった事もあるけど、
広島で葛藤しながらもヤキモチが溢れ出たじゅんちゃんの気持ちを思うと、
心安らかでいて欲しい・・・と本当に思ったから。


【愛でも恋でもない】
そんなのはもう通用しない二人になったね。

余計なプライドは、そろそろ捨てなきゃね。
素直に言いたいし、言われたい。


愛してるよ。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
スポンサーサイト
2007/03/10 | じゅんちゃんとの恋愛 | Comment(4) | Trackback(0)
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。