スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告
11年目のポインセチア
私の心は燃えている

今年もやってきた。ポインセチアの季節。
去年の今頃ここでポインセチアについて日記を書いてたんだね。懐かしい・・・。
去年の日記はコチラ ⇒ 10年目のポインセチア


16歳のクリスマスにパパからポインセチアを貰った。
初めてパパと一緒に迎えたクリスマス。


『ポインセチアの花言葉、知ってる?』

なんて聞かれて、そんなの知るはずも無く聞き返してみたら、

『"私の心は燃えている"だよ』

って、照れ臭そうに言ってくれたのを今でも鮮明に思い出す。


あれから11年。
今年で12回目のポインセチア。

この11年間、ずーっと仲良しでいたわけじゃない。
11年も一緒にいると、
途中で何度も別れたり再びくっついたり・・・を繰り返してきている。
あたしに好きな人ができたり、でもそれは単なる錯覚だったり。
一緒に暮らそうとして一軒家を借りたけど、結果的に家庭優先だったり。
妻子ある方だもの。紆余曲折があって当たり前。
何度も別れたりくっついたりしながら、11年目の今のあたしたちがいる。
5年目を迎えたあたりから、あたしとパパとの関係が安定してきて、
その後別れ話の発端になるような事は少なくなった。
(さすがに5年続くと、あたしが結婚にこだわらなくなった@当時20歳)

だけど、そんな別れを何度も繰り返していると、
一緒に過ごしていないクリスマス・・・という年もあって。
それは家庭的な理由で不可抗力だったり、
あたしが別の男性と一緒に過ごしていたり。理由はいろいろ。
だけど、どんな状況でも毎年必ず12月24日にポインセチアが家に届く。

今年の12月24日、お昼あたしは久しぶりにゆうちゃんとデートしていた。
パパでもなければ、Bさんでもない。
パパには予めあたしは家にいないという事をちゃんと伝えていた。

けど・・・

淫らな白昼夢から醒め、
夕方出勤準備のために一旦帰宅すると、玄関にポインセチアが・・・。
お花屋さんの配達じゃなくて、お昼休みにわざわざ家に来たみたい。

サラン:『今日あたしは家にいないって言ったじゃん・・・』

パパ:『サンタさんにも都合ってものがあるからね』

パパは、どうしても12月24日にこだわりたかったみたい。
Bさんと別れた事はまだ知らない。知らせていない。
だけど、一緒に過ごせないという事は知っている。
その心の隙間に、そっとポインセチアを置いて行きたかったんだろうね。

なんて一途な人なの。
いつの時も、なんでパパはそんなに優しいの?
こんなあたしのために、なんでそんなに優しいの?

Bさんの存在も、その他にいる複数の男性(ダーリン・ゆうちゃん)の存在も、
パパは何もかもを知っているけど、ただ黙って耐えているだけ。

『今までサランちゃんには散々苦しい思いをさせてきたんだから
 今度は僕がガマンする番なんだ。だから大丈夫なんだ。それでいいんだ』

って、自分にそう言い聞かせながら。


なんであたしはパパと結婚していないんだろう。

もう離婚して独身同士なわけだから、何の障害もないはずなのに。
パパの事は、本当に大切でかけがえのない人だと思ってる。
11年間の紆余曲折を乗り越えてきた戦友みたいな感覚もある。
一緒に泣いて一緒に笑った。
お盆やGWやお正月じゃない限り、毎日あたしの顔を見に来てくれた。
仕事が忙しくてどんなに時間がなくても、あたしの顔を見に来てくれた。
パパのご家族には申し訳ないけど、本当に凄く愛されていたし、
過去形じゃなくて今でも凄く愛されていると思う。
どんな事があっても、どんな裏切りがあっても、
決してあたしの手を離さず同じ気持ちで11年間愛し続けてくれているパパ。
こんな人と結婚したら幸せになれそうなのに・・・なんであたしは・・・。

あたしに心変わりがなければ、今パパと結婚していただろうか。

たまにふとそんな事を考える時があるけど、それはやっぱり分からない。
あたしに結婚願望がない理由もそうだけど、
やっぱりパパとの結婚は考えにくい。
どうしてなのかよく分からないけど。結婚には結びつかない。
8年前までは、パパと結婚したくて仕方なかったのにね。皮肉だよ。


ありがとう。ポインセチア。
また来年も楽しみに待ってるね。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**  ★★ 12/15 広島のラブホ2軒UP ★★
スポンサーサイト
2006/12/27 | 不倫12年目のパパとの事
| Home | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。