スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告
誕生日おめでとう。
今日は、別れたBさんの誕生日。
あたしが10月27日の誕生日で、
Bさんが2月27日の誕生日。

『同じ27日なんだねー♪』

なんて、くだらない事で盛り上がっていたあの頃。
懐かしいな・・・。

別れる最後の方は、あたしはBさんをイジメるしかできなかった。
気持ちの行き場がなくて、最低な女に成り下がっていた。
【いい女でいる】はずのあたしが、今までにないぐらいダメな女になってた。
言葉で責めない代わりに、行動で責めてた。
わざと浮気がバレるように仕向けてみたり、
Bさんが嫌がる男性の話をわざとしてみたり。
本当に自分でも信じられないぐらい幼稚な事ばかりやってた。
今でもあの時のことは謝りたくて仕方ない。
ヒドイ女だったね、あたし。

今こんなふうに冷静に思い返して反省できるのは、
それだけ心が落ち着いている証拠。

今あたしは、じゅんちゃんが大好き。
恋とか愛とか・・・よく分かんない。

ただ好き。
ただ幸せ。

10月以降、4ヶ月が経過した今とてもいい関係が築けていると思う。
それはあたしの思い上がりでもなんでもないと思う。
なんの根拠もないけれど、じゅんちゃんがあたしと一緒にいる時、
『こうして一緒にいると幸せだし落ち着く』・・・と抱きしめて言ってくれるから。
自信なんて全然ないけど、
あれだけモテるじゅんちゃんと毎週末のようにお泊まりできるあたしは、
ちょっとは特別な存在でいるのかな?と・・・勘違いかもしれないけど。(笑)

だから、この関係を壊したくない。

Bさんとの恋のように、
お互いがグチャグチャになるような事にはしたくない。
それにはあたしの心構えと忍耐力が必要になってくるけど、
幸い?今はそんな心境にないから当分は大丈夫かなと思えてみたり。

大好き。

だけど、ツライとか苦しいとかしんどとか・・・そういうのが一切ない。
ただただ、本当に大好き。

ああ・・・
Aさんに6年間片想いをしていた時のような心境に似ている。

何も求めないし何も望まない
ただあなたが幸せでいてくれたら、あたしもそれだけで幸せ

もうすでに「恋」を通り越して「愛」になったのか?
いや・・・それはさずがにまだ早いだろう。(笑)
無邪気に遊んでいるだけで、これが「恋」かどうかも分からないのに。

でも、確実に今が幸せだからそれでいいの。
複雑に考えても仕方ないから、自分の幸せの価値基準を信じてる。
それが一番自然で一番シンプルだと思う今日この頃。

Bさん誕生日おめでとう。

あなたの誕生日に、あなたとの恋を振り返りながら、
今の幸せを今度こそは壊したくないと思っています。

でもそれも、Bさんとの恋がなきゃ、きっと今こんな風に思えなかったはず。
失った恋があるからこそ、今こんなに「守りたいもの」がハッキリ見える。

だからBさんとの恋は決して無駄じゃなかった。
今はもう何も伝えられないけど、心から感謝しています。
ありがとう。
そして誕生日おめでとう。

あたし、今とても幸せです―。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
スポンサーサイト
2007/02/27 | ひとりごと | Comment(2)
ワガママな女
週に4日の出勤が、なぜか週に5日になっています。
なんなんだかなぁ。
言われるがままにいつの間にか頑張って出勤しています。
時間も少し延びたしね。
そのぶん、お店が大事に扱ってくれているから居心地はいいんだけど。

店は決して忙しくない。
けど、拘束時間が長いからプライベートな時間がほとんど無くて、
相変わらず睡眠のために帰宅するような日々が続いています。

プライベートな時間がないと「忙しい」という錯覚になってしまう。
時間に追い立てられるというかね。
昔はガムシャラに走っていたし、 そんな自分が好きだったからそれでも良かったんだけど、
今のあたしはどこかで息抜きできる時間がないと狂っちゃいそうになります。

で、忙しければ忙しいほど遊びたくなる。なぜか。
たぶん現実逃避したくてしたくて仕方なくなるんだと思う。
忙しいって言っても、お金にならない忙しさ(時間の無さ)だから余計にね。
お金になる忙しさなら、その対価を頂いているわけだから納得もできるんだけど。 
まあ、世の中うまく行かないもんだね。

で、最近ちょこっと遊び人@サランです。

楽しくどこかに連れ去ってもらいたくてウズウズしています。
あたしのリードじゃなくて完全に相手任せね。
「どこ行く~?」「何する~?」じゃなくて、
助手席に乗っているだけで、どんどんあたしの好奇心や欲求を満たしてくれるような。

そんな都合のいい男、いないね。
分かっちゃいるけど、なんとなくここ数ヶ月はそんな気分が続いています。

それを男に望むとなると、

1)時間があって
2)経済的にも余裕があって
3)それなりに遊びに詳しい

という条件を満たしていないとダメなわけで、そんな男は世の中そうそういない事に気付きました。
で、一番大切なのは

4)あたしのこと(本質)を分かってくれている

ま、これが1番いないわけで。(笑)
求めてばっかりじゃダメだね。
分かってるんよ。あたしプライベートでは何も求めない女だから。
遊び相手だと割り切っているから、
こんなにワガママ言いたくなっちゃうんだろうな。(実際は絶対に言わないけどね)
せっかく遊ぶなら、楽しく満たされた遊び方をしたい。
それは昼間の健全なデートも、夜のセックスにおいてもね。
自分のために弁解するけど、本当のあたし(恋愛相手に対して)はこんなんじゃないです。
物分り良すぎるぐらい「いい女」を演じています。
相手のためと、自分のつまらないプライドのために。
だけどこの「つまらないプライド」のお陰で、頑張れているのです。
この「つまらないプライド」がなけりゃ今頃はドロドロの不倫劇の真っ只中です。
うーんと背伸びしているから、いつも疲れているんだけどね。
その疲れから解消されたくて (誰かに甘えさせてもらって解消してもらいたくて)求めてしまう。
ある意味、どっちも不毛というかバカだね。

「都合のいい男」・・・。
いやま、それなりにはいるんだけど、ここが妥協点なのかしら。
身近にいる二人の男(ダーリン&ゆうちゃん)を、
足して2で割れば完璧にあたしが求める男が出来あがるなぁ・・・。
などと欲深いことを昼間っから考えてしまっている、イケナイ女です。
贅沢すぎるね。
あたしみたいな女と遊んでくれるだけ感謝しないと。(いきなり低姿勢。笑)

あは。今日はちょっと本音を書いちゃった。

せっかくの日曜日なのに、
白馬に乗ったあたしの王子様は、遥か彼方遠いところにいるようです。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
2006/09/10 | ひとりごと
男の胸
恋焦がれて求めた相手でなくても

男の胸は暖かい


抱けと望めば揺籃にでもなろうとする

男の純情が暖かに染みる


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**  ★★ 7/2 広島のラブホ2軒UP ★★
2006/07/02 | ひとりごと
厳しさと甘えの狭間で
3日前、ようやく念願のジム復帰を果たしました。
初日5時間、2日目3時間半、昨日は激しい筋肉痛のためお休み。

1日中ずっと家にいると調子が狂っちゃう。
テキトーな時間にご飯食べて、テキトーな時間にうたた寝して。
ベロンベロンに甘やかせてしまいます、はい。

そんなわけで?こんな時間(朝7時半)に起きているあたしです。
起きているというか「寝ていない」だけなんだけど。

今から寝ても昼過ぎに目が覚めてグータラしちゃうのが目に見えちゃう。
ならいっそ、もうこのまま完全徹夜を強行しようかと悩んでみたり。

ジムに行きだしておかしくなってしまった。
緩やかな興奮状態が続いて、なかなか寝付けなくて気付いたら・・・。
まあ、もともと生活が「超」不規則なタイプだったから、今さらっていう気もするし、
ジムだけのせいじゃないとは分かっているんだけど。

とりあえず、久々に株のチェックでもやってみます。
「ちょっと株やっています」
って言うと、みんな今流行のデイトレを想像しちゃうみたいで、
「株で生活している女」と見られてしまいますが、
基本的にあたしは長期ホルダーなので滅多に売買をする機会がありません。
それでも全体を通してみて一応マイナスにはなっていないから、
「お小遣い程度を稼いでいます」っていう感じかな。
銀行に預けても金利なんてゼロに等しいし、
じゃあちょっくら資産運用でもしてみるか・・・ぐらいの感じで勉強を始めて、実は未だに勉強中。
株の世界は奥が深すぎて「終着点」がないんです。
勉強をしても勉強をしても、全然追いつかない知識がたくさん。

株をやろうと思う人に必ず言われているのは、
「株関連の本を10冊は読め。それでも分からなければ株はやるな」
というものです。
冷たく突き放すような言い方だけど、最近になってよーやくこの言葉をしみじみ感じてしまいます。

ま、デイトレにはあまり株の知識は必要ないんだけど、
あたしにように長期ホルダーなら必要最低限の知識がいります。
でもあたしは、その「必要最低限の知識」さえ理解できていません。

そんなわけでお勉強の繰り返しです。

今年はデイトレ目指すぞ!
なーなんて目標を立てたのに、もうすぐGWってどういう事?
ゆとりある時間を、資産運用と自分磨き(ジムと英会話)に費やす。
でもたまに、社会生活から爪弾きにされたような孤独感が・・・。
たぶん、今の自分の生活スタイルに自信がないからなんだろうな。
何もかも中途半端だもん。

「苦労しないで得た金」
なんて、株で得た利益の事をそう言われちゃうと悲しい。
ライブドアのせいで、一般社会に悪い印象を与えてしまったみたい。
確かに汗水垂らして働いて得たお金じゃないけど、頭脳は使っています。

・・・って、本当はこれ、自分を正当化したいための言い訳なんだけどね。

人生セミリタイアするだけの大金があるわけでもなく、
堂々と胸張って「株で年収1,000万あります!」って言えるわけでもなく、
中途半端に小金持ってるせいで、なんかニートのようになってしまった。

昔のあたしは、休日なんて関係あるか!っていう勢いで、とにかく仕事で忙しくしていた(わざと)のに、 プツリと燃え尽きてしまってからは、完全に立ち止まってしまった。(原因はまた今度ゆっくり)
あの頃、自分をとことん追い込んで仕事をやり遂げる事が楽しくて仕方なかったのに。
「立ち止まったら死んじゃう!」って思い込んでいたのに。今じゃまるで嘘のよう。

未だに自分がどうしたいのか見えてこない。
こんな時は何も考えずにゆっくり時を過ごそう・・・
なんて思いながら、もう3年も経過してしまったよ。
ジムや英会話に行きだして、通っていた学校も5年かけてちゃんと卒業して、
ちょっとずつだけど確実に歩けているのは確かなんだけど。
でも・・・いい加減さすがに焦ってくる。

ただ、漠然と大学に行きたくなってきたかな。
4年も通う自信なんてないし、通信制の大学あたりかな。
社会生活で学ぶことよりも、今は興味のある事柄について深く学んでみたい。

きっぱり今の生活から脱却したい気持ち(社会と繋がりを持ちたい)・・・
まだ時間的にゆとりのある生活をしたい気持ち(収入や勉強の事を考えて)・・・

意欲も、実際の行動も中途半端だから悩むんだろうね。

1番の理想は、株で生活していけるだけ稼ぎながら大学に行って、今の英会話もジムも継続する。

・・・甘いな。
自分で言うのもおかしいけど、ちゃんちゃら人生舐めてる。
そんなお手軽な人生なんてこの世の中には数%しか有り得ないって、
それは今までの経験で自分自身が1番よく分かっているはずなのに。

甘い夢は見ない。
だから息切れしながらも必死に走ってきたんじゃないか。

そりゃ出来るなら楽して生きたい。
けど、そう思うこと自体が「良くない事」だと責める自分がいる。
かろうじて、まだあたしの神経はまとものようだ。

苦労しなきゃ得られないものがたくさんある。
苦労を重ねる事によって人間も成長をする。

分かってる。分かってるさ、自分が1番よく分かってる。
でも、なんなんだろうね、この切なさは。
キレイゴトだけで生きていけるほど若くはないし(精神年齢がね)、
全てを悟って諦めてしまえるほど年を重ねたわけじゃない。

結局、やっぱり中途半端なんだよ。

とりあえず株のチェックでもしよ・・・。
1年以上塩漬けにしていた銘柄がようやくプラスになったから、そろそろ売り時かなと思うんだけど。

市場開始時刻(朝9時)まで起きていられるかどうか激しく不安。

なんか、今日の日記は支離滅裂だね・・・。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
2006/04/27 | ひとりごと
桜の木の下には死体が埋まっている。
堂々と咲き誇る素晴らしさ

日曜日、朝8時から桜見物(撮影)に行ってきました~。
1人で花見っていうか、単に桜を撮影しに行っただけなんだけど。
限りなく一眼レフに近い機能を搭載したカメラを持っているのに、あまり使う機会がなくて。

桜って好き。すごく好き。
なんで?って言われるとよく分かんないけど、この時期になると衝動的に桜を見に行きたくなる。
桜を追い求めて、毎週のように北上してるもん。
天気のいい日は車をオープンにして、高速なんか乗らずに国道をひたすら北上するのが好き。
来週は県北まで北上してみようかなぁ。

桜を「儚い」って思うのは日本人独特の感覚らしいね。
桜は死の花である、というイメージを持っている人が多いからなんだけど、
あたしも紛れも無くその1人。
桜は爛漫と咲き誇っている間は生の輝きを感じるけど、
散り行く様は人を彼岸に誘っているかのよう。
仏教的な表現をすれば、諸行無常を強く感じさせる花なのです。

それと、桜=春=出会いや別れ というイメージも切なさを感じさせる1つかな?
春、それぞれに甘酸っぱいレトロな思い出に癒される人も多いと思う。

だから「花見」というのはとても素敵なことだと思うの。
酒飲んで大騒ぎするのがいいとかっていう話じゃなくて、
みんなで春が来た事を喜び合って一瞬しか咲かない桜を愛でる。
そしてまた来年もここの桜を愛でる事ができるよう日々頑張る。
単純だけど、すごく素敵だと思うの。
誰だって、心を無くして生きていたくはないもんね。

自分が今まで歩んできた人生を懐かしみ、そして明日への活力をもらう。

これが日本人スピリッツかな?
この時期、
一体どれほどの人が同じような思いで桜を眺めているんだろうかってふと考える事があります。
満開の時には、一瞬のこのエネルギーはどこから沸くんだろう!?とか思うけど、
散り際の潔さにも、一種の諦めのような切なさを感じて強く惹かれる。

桜に人生を重ねて見るのは、万葉の時代から変わらぬ日本人の心なのかもね。


桜って、散ってしまってもその後からは新緑が生えてくるんだよね。当然だけど。
満開の時期があり、散り行く時期があり、新たに芽を出す時期があり・・・。
そうやって時を巡り巡って行く。実際、桜には「終わり」がないんだよね。
なんて、そんな事を考えると少しは励まされるかな。


今日は午後から手術後初めてのガン検診があります。
恐れず構えず行ってこよっ。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
2006/04/19 | ひとりごと | Comment(6) | Trackback(0)
| Home | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。