スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告
一生を添い遂げるという事。
貴方が揺られたハンモック・・・

ちょっと今日はシリアスに書いてみます。

福岡から高速バスで広島に帰っていた時の事。
(那覇⇒広島の便が取れなくて、福岡便で帰ってきたの)
高速バスだから途中で何度かSAでお手洗い休憩が入ります。
そのバス車内で見かけた老夫婦。

年の頃は旦那さんが70歳代かしら?
奥さんの方は60歳前後のように見えました。
旦那さんはちょっとお身体が不自由な方で、
それでもしかしたら実年齢よりもお年を召して見えたのかもしれません。
実際、年の差のある夫婦なのかもしれませんが。そこは不明です。

ご夫婦二人でリュックを背負って、どこか旅の帰りなのだと思われます。

SAでのお手洗い休憩でバスから降車する時、
奥さんが旦那さんの手を引いて、一言一言ゆっくり声を掛けているのです。

「ここ階段がありますよ。そこに手をかけて。掴まって。そう、ゆっくり。もう一段ありますよ。
 一緒に下りましょう。いいですか?はい・・・はい・・・。はい、もう下りましたよ~」

介護する側と介護される側。
あまりの甲斐甲斐しさに、最初はヘルパーさんか何かだと思ったのですが、
あたしの横を通り過ぎる時に「主人が通りますのでごめんなさいね」と声を掛けて行かれたので、
お二人はご夫婦なんだと分かったのです。

その時にフト・・・ね。
一生を添い遂げるというのは、こういう事なんだろうな・・・
と漠然と何かを悟ってしまったような感覚になってしまいました。
あたしみたいな青二才が人生を悟るにはまだまだ早すぎるのですが、
なんとなく・・・なんとなく・・・ね。
「夫婦としてあるべき形」みたいなものが見えたというか・・・。

惚れた腫れたで結婚をして、いつしか恋愛は続かなくなってしまう。
けどそこには「家族」という新たな形が形成され、人生のパートナーとして一緒に歩みを続けていく。

夫婦も長年続けていれば、きっと何かの問題に直面する事もあるでしょう。
きっとこの老夫婦にも何かあり、それを乗り越えてきたからこそ、
今このようなお二人が存在するのだと思います。

異性関係だったり、子供の教育問題だったり、親戚問題だったり、
起因となるものを挙げればキリがないけれど、
夫婦を続ける以上このような紆余曲折はどこにでもあり悩むのでしょう。

けど、そこは夫婦なんですね。
凄いな・・・と言ってしまうとなんだか軽々しくなってしまうのですが、
純粋に「夫婦って凄いな」と思えた瞬間だったのです。
夫婦ってどんな事があってもやっぱり「夫婦」なわけで、
最終的にこの老夫婦のように辿り着ければ素敵だなぁと思いました。

少しの嫉妬と羨望。
そして今後自分の人生への多大なる不安。


今まではこのような老夫婦を拝見しても、微笑ましく感じるだけだったのですが、
最近のあたしは「羨ましいな」と思うようになりました。
純粋に年齢を重ねて寂しさが切実になってきたのと、
結婚願望は相変わらずないけれど、
人生のパートナーとしてそばにいてくれる相手を望むようになってしまった事が原因なんでしょうね。

今までは、花が咲けばそれで良かった。
けど今は、実まで欲するようになってしまったのです。

いつまでも若いつもりでいたのですが、心は確実にモロくなっています。
自分でそれを認めるのは歯痒いのですが、事実、そうだと気付きました。

既婚者との恋愛の最終形って、本当になんなんでしょうか。
自分が今、とてつもなく不毛な恋をしているように思えて仕方ないのです。

ちょっとセンチメンタル。

いつか訪れる別れを覚悟して、それでいて割り切れないようだと、
既婚者との恋なんてしちゃダメですね。

いやま、今さらなんですが・・・。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
スポンサーサイト
2006/10/12 | 恋愛・結婚
恋愛と結婚とセックス
最近、おかしいぐらいモテて?バタバタしています。
多分こんなの人生で最初で最後だと思う。
基本的にモテない人生なので、こういう状態に戸惑っています、今。


月曜日、行き着けのお店(飲食店)のマスターと店が引けて朝5時半から夕方6時までデートして、
その時になんとなく告白めいたことを言われて、その後もちょくちょくメールで誘ってくる。
涙目で告白っぽい?ことを言われ、あまりの真剣さにどうしていいのか分からなくなった。
物凄く「人がいい」人で、お客さんからの信頼も厚く人脈に溢れた人。
40代半ばで離婚歴があり、でも今は独り身。

そして木曜日は彼氏の誕生日でデートして。

そして金曜日はかれこれ7~8年の付き合いになる男友達(40代前半)と朝まで・・・
実はつい数時間前(今は朝10時前)に帰宅したばかり・・・

以前は広島にいたんだけど今は茨城に住んでいて、広島へ出張があれば逢ってる様な感じ。
とは言っても、年に1度あるかないかぐらいなんだけど。
茨城へ転勤が決まった時、プロポーズめいた事を言われていた。
でもその時は別に付き合っているわけでも何でもないし(今でもだけど)
軽く適当に流して終わって・・・その後も普通に友達関係を続けていて。
その人、40代前半で結婚歴は1度もなし。
自由になるお金と時間で気楽で侘しい独身生活を送っていて・・・
前回逢ったのが1月かな。 詳細はコチラ ⇒ 男友達
相変わらずもうすでに男女の仲を超越してしまったような2人だけど、
映画を見て、ちょっとしたプレゼントを貰って、ご飯食べて、その後は部屋で・・・・・・

やっぱりまぁ何と言うか、結婚の話になってしまった。
この人となら結婚してもいいんだけどなぁー・・・なんて漠然と考えて。

結婚願望なんて全然ないのに、
少なくとも20歳からは1度もそんな感情を抱いた事はなかったのに
やっぱり少し心が疲れているのかな。
普段考えもしないような事を考えてしまっていた。

そして、罪悪感と自責の念と自己嫌悪でグチャグチャな朝を迎えるハメに。

愛と恋とセックスはそれぞれが別物でも十分に成り立つ。
もちろん、全てをひっくるめて1人の人となら最高だけど。

ダメだな。もう打算の域に入ってきている。
こんなはずじゃないんだけど。
こんな女じゃないはずなんだけど。

もっと強く凛としていたいと願う自分と、
差し出された手にしがみついて泣きたい自分と。

ちょっと弱っているのかもね。
そんな夜もたまにはあるよね・・・(これは単なる自己弁護だな・・・鬱)

そして今夜はちょっとだけBさんと逢える。
たぶん30分ぐらいかな。
いつものように車の中で手を繋いでいるだけ。
それだけで幸せなのに、でもその手を離したくないと思ってしまう。
ダメだな。
Bさんに恋をしてからのあたしは変だよ。
強がっていたあたしの心がどんどん溶かされていく。
そして徐々にあらわになってきた「本当のあたし」はワガママな子だ。
でも「今のあたし」が理性でそれを一生懸命抑えている。

Bさんと逢ったその後は、やはり知り合いの男性とちょっとしたデート。
この人もあたしに気があるのは昔(5~6年前)から知っているけど、
だからと言って何も求めてこないし、妙な関係が続いている。(エッチとかナシね)
今夜もまた朝までコースかな・・・


1週間で5人の男性。
なんで人付き合いって、続く時はこうも連続で続くんだろう。
しかも今夜も朝帰りコースなら、1週間で3回の朝帰りになってしまう。
たぶん、人生最初で最後のモテ期なんだろう。
とは言っても、あたしの目線では全て「男友達」なんだけど・・・。

とりあえずあたしは今から少しでも寝なきゃ。

Bさんに逢える。
あの手に触れる事ができる。
あの笑顔を消したくない。

でもごめんね。
こんな男にだらしない女で・・・。

もどかしいね。
お互いがお互いを縛れない
繋ぎとめたくても繋ぎとめられない
そんな資格も権利も持ち合わせていない2人の関係。

でも確かなのは、愛し合っているという事。

なら、それだけでいいよね。
それだけでいいはずだよね?あたし・・・。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
2006/05/27 | 恋愛・結婚 | Comment(4) | Trackback(1)
本のような男性
最近よく思うのは、男も本のような存在であって欲しいという事。

う、上手く伝わらないね・・・。(^^;

あたしの知的好奇心を満たしてくれ、尚且つ更に興味を持たせてくれるような刺激を与えてくれる人。
難しい事を優しく(易しく)解きほぐしてくれ、深みにハマらせてくれるような味のある人。
お互いに成長できるような間柄じゃないと無理なので、
そういう意味ではウンと大人で人生経験豊富な人を好んでしまうのです。
あたしの恋愛ストライクゾーンは40歳~何歳までも。だから不倫になるんだな。(爆)

とにかくあたしの好奇心や興味っていうのは本当に貪欲で、
「見たい!」「聞きたい!」「知りたい!」「経験したい!」「勉強したい!」が多いんです。
そんなあたしの好奇心をそそらしてくれるような男性・・・。
知れば知るほど感動や感心を与えてくれるような人が好きなんです。
あたしに無いものを与えてくれる(教えてくれる)人。
それにプラスしてエロさがあったらもう最高にストライクです。(笑)

尊敬から興味が生まれて、興味から恋に発展してしまう。
でも、興味を失うと恋は終わってしまう。
だからあたしにはやっぱり不倫が1番お似合いなのかもしれない。
会いたい時に会ってお互いに詮索しないでしのぶ恋。
同棲とかして距離が縮んでしまうと知る事が多すぎて、興味のある事柄が減ってしまう。


多くを知った事によって幻滅をするからじゃなくて、
多くを知った事によって興味を持つ対象が減ってしまう。


釣った魚にエサやらないとか、
エッチしてから態度を変える男と似たような感じかしら?(笑)
知っても知っても、まださらに「知りたい(興味をそそられる)事柄」があるような底の深い人なら大丈夫だろうけど。
でも、そういう人を求めるにはお互いが成長していく必要がある。
とても難しいけど、とても大事なこと。

「障害のある恋の方が燃えるもんね」
なんて、不倫したがる女はそういう風に言われる事があるけど、
あたしに関しては、まったくそんなのは関係ない。
嫁がいようと先が見えない恋であろうと、結婚願望のないあたしはそれを障害だなんて思っていないし、そもそもそんな事を気にする事もない。
っていうか、そんな事を気にしていたら既婚者とのお付き合いなんて出来ないし。
でも、もちろん人間としての倫理観(モラル観)には時折悩まされます。
一応これは「不貞」と呼ばれる行為であって、訴えられれば負けてしまうし、
子供さんがいるような家庭では申し訳ないと感じてしまう。(嫁の事はなぜか気にならない)

けど、障害があろうとなかろうとあたしには一切何の関係もなく、

1:知的好奇心を満たしてくれるような男性がたまたま40代に多く、
2:するとどうしても結婚している人が多くて、
3:恋を長く続かせるのには不倫という関係が最適な付き合い方なだけである。

え?開き直って全部を肯定するな?

はぃ・・・
ごもっともでございます・・・(しゅん・・・)

ま、1番いいのは、

1:知的好奇心を満たしてくれるような独身を探す
2:けど一線を引いたまま、あまり近付かない不倫のような付き合い方。

なーんて、絶対に無理だろ~っ!!!
要は、都合のいい相手が欲しいだけなのかな・・・。

あたしの脳みそをビンビンに刺激してくれるような知的な人がいい。
ここで言う「知的」と「頭の良し悪し」は全然関係なくて、
勉強なんかできなくても、人生経験で培ってきた考え方やら価値観やら、
そういうものにすごく重きを置いているから、そういう意味で「知的な人」。

なんか・・・
まとまらなくなってしまった。(;^_^A


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
2006/04/22 | 恋愛・結婚 | Comment(11) | Trackback(0)
不機嫌な果実
夫以外とのセックスは
どうしてこんなに楽しいのだろうか



林真理子の小説で有名な「不機嫌な果実」のキャッチです。

不倫がいいとか悪いとか議論をするつもりは毛頭なく、
忘れかけていたときめきに胸をくすぐられ、そこに足を突っ込むか突っ込まないか。

なんで一人じゃダメなんだろう。

結婚をする時は
「この人しかいない」と思って結婚するはずなのに、

結婚した途端
「この人以外にはダメなんだ」となってしまう。

何が不満なのかと聞かれたら分からない。
何もかも不満のような気もするし、何1つ不満などないような気もする。

じゃあ何を求めているのかと聞かれたら、それにも上手く答えられない。

でも、あなた1人じゃダメなの。

それはあなたが悪いわけじゃなくあたしの性格上の問題。

男性を見ながら、その人とのセックスについて想像して1人で勝手に胸を熱くする。
日々、そうやって何人もの男性と脳内でセックスを楽しんでいる。

ただ単に性欲が強くて節操がない女だと言われればそれまでなんだけど。

愛は愛、恋は恋、セックスはセックス。
それぞれ3つが別々でも、あたしは十分に成り立ってしまうから。

こんなあたしだから、結婚なんていう枠に括られたくないと思ってしまう。
いや、結婚を完全否定するわけではなく、恋やセックスにおいて自由度が低くなるという意味。
それを引き換えに1人の人と決めて結婚するのだから当然仕方ないわけだけど。

ああ、たまにこの10年という月日を重く感じてしまう。
結婚しているわけでもなんでもないのに、さすがに10年は夫婦と同じようになってしまう。
見えない何かに縛られている。

でも、まだ一緒にいる。
きっとそれが答えなんだろう。

あたしの中の優しさとズルさと臆病さが、危うい状態でバランスを取っている。


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
2006/02/23 | 恋愛・結婚 | Comment(5) | Trackback(0)
恋愛スパイス
車の運転でもそうだけど、"慣れた頃が1番危ない"ってよく聞く。
恋愛でもそうだと思う。
"馴れ合いになった頃が1番危ない"

あたしは常に"女"を意識していたいタイプ。
男性からチヤホヤされるとかそういう意味ではなく、
恋愛においては恋している"ときめき"を失いたくない。

そして、相手にも"男"でいて欲しいと望むタイプ。

一緒に泣いて笑って、時には怒ったり、
そういう腹を割った関係はすごく理想的。
でも、馴れ合いになっても時には出会った頃のような"ときめき"が欲しい。
ずっと緊張感を持ち続けるような恋愛はできないけど、
たまには初めての頃のような胸の"ときめき"が欲しくなる。

ないものねだりなのかな?

でも、女として生まれたからには、
恋をして輝くというのは特権だと思う。

もちろん、恋をする以外にも輝ける事はいくらでもあるだろうけど、
やっぱり恋する気持ちって特別じゃない?
恋だけを中心に生きて行こうとかまでは思わないけど。

日々の生活の中に、忘れかけていた"ときめき"をちょっとだけ下さい。

じゃないと、あたし他の誰かに心揺さぶられちゃうよ?


HPはコチラ ⇒ **ESCAPE**
2005/11/20 | 恋愛・結婚 | Comment(10) | Trackback(0)
| Home | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。